タミヤ1/12タイレルP34 製作記 7

右を押すと川原模型資料館)に戻ります。
各制作ページに飛ぶにはこちら→1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16


06年11月19日 1/12もシフトレバー完成
レバー部分は1/20と同じくキットを使用。木目パターンは下地をシルバーで、ブラックで木目を書き、クリヤーオレンジを厚塗りで完成。レバー下の三角の部分は0.8mm×0.2mm洋白帯板を三角に切り、ピンバイスで穴あけ、その後ハンダ付けをしました。 写真は1/20とおんなじです。

07年2月4日 エンジンとモノコックのバランス調整
久々の1/12タイレルP34です。モノコックを塗装するためバランス調整をします(1/20で痛い目に合いましたので)。 塗装ですが、今回いつものワークこすって銀SUNではなく、spazstix社のミラークロームを考えています。各所で話題になっており購入したかったのですが、どこも売り切れ‥。ですが最近やっと手に入りそうなので入手したらさっそく使用したいと思います。

07年2月18日 スパッツスティックス(spazstix)のミラークローム試し吹き
先日購入したスパッツスティックス(spazstix)のミラークロームを吹いて見ました。まずはエアファンネルなどの小物で試し吹き。

結果から言うと‥失敗。 まずは下地をブラックにしなかったこと(ワークこすって銀SUNではクレオス灰色9号を下地にしてました)吹き方の調節ミスです。 今回は灰色9号を下地にしています。 まず噴霧量が多すぎました。HPのQ&Aではもっとふわっと吹かなければダメみたいです。 写真ではいい感じになっていますが現状の感じはただのシルバーに近いです(そのせいか塗料があまり届いてないエアファンネルの基部部分はメッキ調になっています。)
試し第2弾、適当なキットに吹いてみました。 これも吹きすぎて粉を吹いてしまいました。しかしワークこすって銀SUNの時を思い出し脱脂綿でこすってみるとメッキっぽくなりました(画像がそうです)。例えていうとタミヤのメッキ(1/20タイレルP34モナコ仕様など)調ですね。 もうすこし実験する必要がありますね‥。
2007年10月8日 モノコック→エンジン接続方法変更
きれいにグロスブラックが吹けるような季節になったので、1/12タイレルP34のモノコックも久々に手がけました(こちらはミラークロームフィニッシュの予定) エッチングパーツ付きで再販のアナウンスもあり、今年後半はMP4/5Bとこれの2本立てで行こうと思います(ロータス79は‥チョコチョコさわる予定ですが) せっかくなので、いままで模型を制作してきて気になっていた部分をアップデートします。
それは各ブロックを組む際の、精度と強度出し。 具体的にはモノコック→エンジンのボルト止め、使用したのは1/20シリーズのホイールナットです。 なぜ組みあがっているのを壊してまでするかというと、今までの組み方が行き当たりばったりで最終的にエンジンがひん曲がってついてしまったりが多々あったのです。まして1/12ともなるとグラグラユルユル組む都度にパーツがもげる‥。仮組み無しの一発勝負なので失敗するとアウトです。 この時代の車はアンダートレイなど無く、これをやるかやらないかで大きく変わってくるのでしっかりやっておきます。
07年11月21日 ボディ磨き2
ボディ磨き2‥といっても前回が1年以上前(笑)。模型を作っていると“暇”という文字に縁がなくなっていく気がします。 さすがに1/12だと1200番で磨いてもみがいても終わらない、もうこれはアニメを見ながらガシガシと地道に行くしかないです。 ちなみに見ているのはガンダム00、SEEDは2〜3話見てギブアップしましたが今期のは面白いです、「武力による戦争の根絶」中々リアルなテーマで‥こう行くか、あ、こうなったかと見ていて引き込まれる話が多いです。 長年アニメ見てると大体何のパロとか最後はこうなるとか分かってしまうのですが、これは先全く読めません。ただ未だに登場ガンダムの名前は区別付かない‥。 再クリヤー前にシートベルトのフィッティングする予定です。
07年11月25日 ボディ磨き3
といっても、今日も子供の世話だったのでほとんど出来ませんでしたが‥。 寝てる間に磨き、さらにタイレル77年型資料館を作ったり。 子供といえば、最近本読みをせがまれ色々読んでいるのですが、気に入ったのは何回もリプレイさせられるので、おぼえてしまいます。 ガンダム何度も見てて、ソラで言えてしまうのと大して変わらないと言えばそれまでですが‥。

07年11月30日 ボディ磨き4
すいませんこればっかりで‥。 やってもやっても終わりませんのー。 地道にやっていきます。
07年12月30日 モノコック下地磨き(ミラークローム吹き用)
先日書いたミラークロームオフィシャルサイトの品切れですが、再入荷してました!(今回は色々探したらガネットさんに在庫があったのでそちらで購入しました) さかつうのリベットに続く快挙です。
さてモノコックです。下地用にブラックを吹く予定でしたが、モノコック→エンジン補強工事の際にロールバーなどを傷つけたりしたので一部真ちゅうパイプなどを使用して組みなおし、磨きをしました。 さあ、クレオスのブラックを吹こうとしましたが‥、雪が降っとる‥。 どうも寒いと思いました、しかも風が強いので今日はもう少し磨きを続けようと思います。 先日見たんですがモデルグラフィクスの1/12マトラMS11の作例、凄いですね。ボディのつやとメカニカル部分のシャープさがものすごく高いレベルでまとまっていて、まるで新車のマトラがあるみたいでした。 個人的にカーモデルはピカピカは好きなのですが、最近の作例はあまりにそれが行き過ぎて陶器みたいになっている様な気がします。 それゆえ縮尺模型本来のかっこよさみたいなのがおろそかになっている感じがしていたのですが、それに一石を投じる作例ではないでしょうか。 私のタイレルP34もああいった感じに仕上がるといいなあ。

08年1月11日 シートベルト製作
1/12の別売シートベルトは2社から出ていてますが、シェブロンモデルはちょっと高い‥。 そう思い、今回のP34はアクステオンのものを使おうと思ってたのですが、先日発売したリニューアル版の1/12タイレルP34にエッチングパーツが付いているので、急遽予定を変更して(せっかくだしタイムリーだし)使用しました。 メインハーネス調整用の金具がエッチングのペラ一枚なので今一ですが(といっても厳密には他社も形は違いますが)その他の部分はあまり変わりません。布部分のこだわりで差が出そうですね(私はいつもの釣り用鉛シート) 面白いなと思ったのが、バックルケースの部分。 エッチングを5枚ぐらい重ねる(!)のですが、しっかりバックルの穴が空くように出来てあって、うまく作ればちゃんと収める事が出来ます。 ハンダが使える人は、きれいにハンダ付けしてやってから磨き出せばシャープなバックルケースが完成します。 その他色々使えるエッチングパーツ、中々良いんですが‥ウィングステーが無い。よりにもよって一番作りにくい部分をなぜ入れなかったのかちょっと疑問です。この部分が無塗装のGPもあるので良いアクセントになると思うんですが‥。

08年1月13日 シートベルト塗装
ベルトは釣り用鉛シートで作っているので、クレオスのメタルプライマーを塗っておきます。 その後、つや消しホワイトを塗ってから、クレオスのインディーブルー+スカイブルー+フラットベースを1:1:1で調合してから筆塗りしました。 なかなかいい感じです、1/12の別売シートベルトはクオリティーは高いですが購入するとキットが買えてしまうくらいの値段だったので、非常にありがたいです。こうなると1/12フェラーリ312TやT4とかも作りたくなりますね。両方ともエンジン見えないし側だけだったらカルトグラフだし、シートベルトでビシッと決めて‥と妄想は広がる一方です。

戻る 次へ